バリー 2017年秋冬コレクションをミラノの国立図書館にて発表

デヴィッド・ボウイ、ミック・ジャガーやビアンカ・ジャガー。1970年代のニューヨークの紳士クラブがインスピレーションに

 

2017年秋冬コレクションでイメージソースとしたのは1970年代、ニューヨークシティの紳士クラブに漂っていたムード。ギャンブル、シガーの煙、ウイスキー、ポーカー。 デヴィッド・ボウイとミック・ジャガーの時代。ビアンカ・ジャガーの首元を飾るダイヤモンドハートがきらめくブラックチョーカー、華やかなイブニングドレスとモダンなスポーツウェアがコントラストを映し出す。
オーストリア太后のマリア・テレジアが本を寄贈したことに由来するブレラ地区の由緒ある図書館にてグラマラスにコレクションを表現した。

ウィメンズのシューズではフラットなバブーシュスタイルのJanelleシリーズから、新色に加え、3センチと5センチヒールのモデル、スポーティーなスリッポンも登場。アーカイブからインスパイアされたスクエアバックルが美しくきらめきます。

アイコンバッグのSommet にはチェック柄が登場し、バッジやアニマルプリント、スワロフスキーのクリスタルがB-Turnバッグを彩ります。またB-Turnロックはリッチなベルベット素材のタータンチェック柄バックパックにもあしらわれています。Janelleバックルシリーズからは、ダブルジップと取り外しが可能なショルダーストップが付いたハンドバッグとトートバッグ。そしてSuzyからも豊富なバリエーションが登場。

 

メンズコレクションではハイキングブーツが更にモダンに生まれ変わり、バリーストライプ、アンクルストラップ、シックになったラバーインジェクションソールなど細部にこだわったシューズが並びます。HeimbergスリッポンやUltraスニーカーは新色・新素材で、ドレスシューズはオンオフ兼用として初登場。
アーカイブからインスパイアされたパッチ”Ballymania”が施されたバックパックにも注目です。

ダブルのコート、イブニングブレザー、Aラインのスカートやコート、ブーツカットのパンツ、スーツ、ベレー帽や蝶ネクタイ、ボウタイリボンのブラウス、チェック柄のスーツやアニマルプリントなどのウェアは70年代のワンシーンを感じさせます。

キーカラ―はアイビー、パープル、ダークレッド、メルローやレモン。パターンはレオパード、カウ、ジラフのアニマルプリントとタータンチェック。

テクニックを贅沢に取り入れたこだわりの素材はヴィンテージ加工が施されたナッパ、ボンデッドレザーのジャージ、メタリック加工のラムナッパ、ジラフモチーフやストライプのベルベットジャガード、コントラストを生み出すプリーツ加工のレザー、 カシミアタッチのカーフスエード、シルクタフタ、タータンなど。

 

お問い合わせ先: 銀座店 TEL:03-6264-5471   URL: BALLY.JP