セレーナ・ゴメスがキャンペーンに登場する2018年春夏プーマ® ウィメンズEn Pointeコレクション発表

グローバルスポーツブランドのプーマは、2018年春夏シーズンのプーマ ウィメンズコレクションとして、バレエにインスピレーションを得たEn Pointe(オンポイント)コレクションを発表した。
トレーニングとスポーツスタイルのクロスカテゴリーで構成されるEn Pointeコレクションは、自信溢れる女性たちに向けたコレクション。En Pointeトレーニングコレクションのキャンペーンには、 女優、シンガー、プロデューサーとさまざまな顔を持つセレーナ・ゴメスと、プーマとパートナーシップを締結しているニューヨーク・シティ・バレエ団が登場。

日々のワークアウトや忙しい日常でパワーを必要としている女性たちのライフスタイルにぴったりのEn Pointe コレクションは、バレエならではのダイナミックな柔軟性や力強い動きを想起させるディテールをプロダクトにインプットし、誰もが待ち望んでいたミレニアルピンクとソフトなパステルのカラーパレットでスタイリッシュに仕上げている。究極なファッションアイコンのセレーナ・ゴメスはこのコレクションを体現するのにふさわしく、彼女の恐れ知らずの姿勢は、コレクションの持つ力強いメッセージとマッチする。

En Pointeコレクションは、プーマとニューヨーク・シティ・バレエ団のダンサーたちとの対話から生まれました。バレエの動きのコンセプトについて議論し、長時間のリハーサルやトレーニングを日常的にこなす彼女たちのニーズを洗い出しました。そして出来上がったEn Pointeコレクションには、直線的なライン、幅広のストラップ、そして織り模様などをふんだんに取り入れました。プリーツやリブ、そしてふんわりとしたやわらかい素材も使われており、動きを強調するメタリックなディテールがシャイニーな素材にあしらわれています。美しい体の動きをより際立たせるため、敢えてソフトな色味で無地の生地を採用、トータルコーディネートが楽しめるパステルのグラデーションのカラーパレットが新鮮です。シーンに合わせたレイヤースタイルが楽しめるのでハードなトレーニングはもちろんのこと、ジムの行きかえりや日常のスポーツスタイルやファッションにもぴったりです。

プーマのウィメンズカテゴリーでは、2018年春夏シーズンも引き続き”DO YOU”キャンペーンを継続、女性たちが自分らしくあること称えます。心もマインドも常に自信をもつことを促すパワフルなメッセージは、女性たちが周りの意見に流されるのではなく自分のことは自分で決める強さを持ち、自分の個性を大切にすることを応援します。

今シーズンの”DO YOU”キャンペーンではセルフエンパワメントに注目、自分らしくあるためには自分自身を鼓舞するものを見つけ出すこと、つまり自分で自分をインスパイアする存在ミューズとなることが大切だというメッセージを伝えていきます。つまり、自分の生き方やスタイルに自信を持つこと、モチベーションを保つこと、そして妥協しない、ということです。こういったマインドのもと、プーマは女性たちが常にそうあれるようなプロダクトを提供していきます。

En Pointeコレクションは1月18日(木)より、プーマストア、 オンラインストア(jp.puma.com)と プーマ取扱店の一部で発売中。

お問合せ
プーマ お客様サービス
0120-125-150