haori de TiTi|MBFWT2015SS

Brand Profile

」(ハオリ・ドゥ・ティティ)は、現代の多様化するライフスタイルにおいて、 時代や様式にとらわれないデザインを目指している。

完結したフォルムの骨格だけを残し、きもののように抽象化することで、 日本人のシルエットにあう緩やかなドレープを融合させた デザインに仕上げている。 「haori de TiTi」は着るひとの着こなしで、 羽織のように身体に「なじむ」ので、人それぞれの新しいフォルムやシルエットが生ま れるのが特徴。 上質で稀少な天然素材にこだわりアイテムにあわせ て異なる表現を広げ、用の美のなかに多様性を追求。
Designer Profile

1992年ファッションデザイナー永澤陽一と共に㈱STIL設立。
パートナーとして、自社ブランド「YOICHI NAGASAWA」「NO CONCEPT BUT GOOD SENSE」を立ち上げ、東京コレクション、パリコレクション発表。ファッションブランドからインテリアまで数々の総合プロデュースを手掛ける。
2011年よりジュエリー・和装ブランド「de TiTi」を発表。
2014S/Sよりレディスウエアブランド「haori de TiTi」でファッションデザイナーとしてコレクションデビューを果たす。同年春より新宿伊勢丹4Fにて展開。近年では、講演会をはじめライフスタイルを豊かにするコンセプトショップ「Salon de TiTi」のオーナーとして文化交流会も開催など活動の場を広げている。
http://detiti.exblog.jp/