MBFWT 2016 S/Sオフィシャルアンバサダーに“マリエ”が就任

2016 S/Sの会期を盛り上げるべく、本イベントのオフィシャルアンバサダーにタレントのマリエが就任した。

マリエは、今回のファション・ウィークのオフィシャルメディアサポーターとなった、NHKの海外向けファッション情報番組「TOKYO FASHION EXPRESS」(NHK WORLD TV)のMCとして参画することから、同時にファッション・ウィークを全般的に盛り上げる役割を担うことになった。オープンニングレセプションをはじめ、様々な場面で登場。

マリエプロフィール

1987年6月20日生まれ。フランス系カナダ人の父と日本人の母とのハーフ。東京都出身。
モデルとしての活動を10歳頃からスタートし、その後『ViVi』の専属モデルやTVでのタレント活動など、多方面で活躍。2011年9月に単身渡米し、 ファッション分野で著名な世界3大スクールのうち、NYの名門「パーソンズ美術大学」へ留学。ファッションを専攻し、2012年に同校を卒業。現在はファッションや音楽番組など多岐に渡り活躍の幅を広げている。